未分類

夢とワクワクのない退屈な営業

自分が思いついたアイデアを元に、誰も通ったことのない道を作りながら成功を目指すことは営業の喜びのひとつですが、多くの人はそれに背を向けています 生活のためだけに営業をしていると、だんだん自分らしさを失い情熱がなくなり「自分は日々成長している!」という嬉しい実感が持てなくなります

☔️

 

ABOUT ME
ふとっしぃ
「安くして売れるんだったらお前はいらんよ」と営業初期の頃に言われ、二倍の価格で値付けして家を売ってみました。売れませんでしたが、価値を伝える工夫を繰り返す事を通して価格以外で決めてもらえる営業スタイルをみつけました。それを始めてからは苦しんでいたクレーム・キャンセルが無くなり、お客様に喜んでもらえる事がふえました。