未分類

営業が抱える日常的な将来の不安

将来の不安も多くの営業が抱えるストレスです。 若い人たちがベテランになるまでに、経済状況が回復して見込み客が急激に増えるといったことも期待できないでしょう。今のやり方で営業を続けていても、体力的にいつまで耐えられるか不安だと感じながらも多くの人はそのままのやり方を続けています。

ABOUT ME
ふとっしぃ
「安くして売れるんだったらお前はいらんよ」と営業初期の頃に言われ、二倍の価格で値付けして家を売ってみました。売れませんでしたが、価値を伝える工夫を繰り返す事を通して価格以外で決めてもらえる営業スタイルをみつけました。それを始めてからは苦しんでいたクレーム・キャンセルが無くなり、お客様に喜んでもらえる事がふえました。