未分類

誰にでも出来ることを住宅営業に役立てています

誰にでも出来ることの中にヒントがある

誰にでも出来ることを誰でもができないレベルでやる

誰にでも出来ることを誰でもがしているわけではない。

誰にでも出来ることを自分らしくやる。

誰にでも出来ることにヒントを見つける

誰にでも出来ることをもう一つやってみる。

誰にでも出来ることに、新しい意味を追加する。

誰にでも出来ることを素直にやってみる人は少ない。

誰にでも出来ることを毎日一つやってみる。

誰にでも出来ることを楽しんでみる。

誰にでも出来ることを恥ずかしがらずにやってみる。

誰もがやっている事でも、自分はやりたくない事はたくさんある

誰もが頑張っている事でも、自分にとっては頑張らない方がいい事もある

今回よりも次回が楽になる方法を考える

誰かやってくれないかなって思うのは自分に出来る力が宿っているサイン

ABOUT ME
ふとっしぃ
「安くして売れるんだったらお前はいらんよ」と営業初期の頃に言われ、二倍の価格で値付けして家を売ってみました。売れませんでしたが、価値を伝える工夫を繰り返す事を通して価格以外で決めてもらえる営業スタイルをみつけました。それを始めてからは苦しんでいたクレーム・キャンセルが無くなり、お客様に喜んでもらえる事がふえました。