未分類

手帳・スケジュール帳の書き方でずっと悩んでるなあ。今年こそ使いやすい書き方ルールを決めてしまうよ。

手帳で悩み続けてるなあ。

毎年スケジュール帳を何冊も買ってるし。

一年の途中で買い足したり、買い替えたり、そんなことを何年もやってるなあ。

 

何が使いにくいのか、何に悩んでいるのか、どこにストレスがあるのか。

改めて、時間をとって考えてみたよ。

・毎月の変わり目で、今週の出勤日の感覚が狂ってしまう。

・PDCAを回せないなあ。

・一月内でやりきりたいことを決めても、月の途中になると忘れている。

・家族のスケジュールを書ききれない。

・年間計画とか、大きな期間で俯瞰したいけど、一日、一週間とかの範囲でした考えられない。

・一日1ページが欲しくなることもある。

・週間のページで時間軸があればいいと思っているけど、記入範囲が狭いと感じ出す時がある。

・一日の時間軸が24時間になっていて欲しいと思う時がある。そんなことをすると、記入スペースが狭くなるので困ったことになる。

・手帳に書いたスケジュールを、会社のパソコンのスケジュール管理へ打ち込まないといけない。

・検索を考えるとネットスケジュール帳に記録したいけど、人前では手書きの方が記入も閲覧も早い。

・年の変わり目では、旧の手帳と新の手帳の2冊持ちあることになるけど、これが重たい。

・会社の行事とか、アポ確定ではない予定や、希望スケジュールなどを書くと、アポイントが取れている予定が埋もれてしまって目立たなくなる。

といったストレスをいろいろ感じてた。

 

その解決策を考えてるので、ヒントになるようなことがかけたら追加して書いていきます。

ABOUT ME
ふとっしー
神戸市で新築戸建て住宅営業を始め、29歳の時に西宮市で阪神淡路大震災の被災。 不景気に苦しんだ経験から、景気に左右されない営業方法を求めて顧客獲得実践会へ入会。 ダイレクトレスポンスマーケティング、高確率セールス法を学び、社内初のホームページを作成し、ブログ、メールマガジンの配信を行いました。 新築住宅167棟を売り上げ営業を離れ、1500人が来場する大工場見学会の運営を行いました。若手営業研修を受け持ち、新人年間退職者ゼロ、成約率第一位を達成できたのは嬉しかった事です。『住まいと環境学習プログラム』の開発に参加。10年間で中学校の住まいの授業を200時限実施し、第6回キャリア教育アワードの最高峰、経済産業大臣賞最優秀賞大賞を受賞に貢献できたのは思い出です。 現在は賃貸建物管理を業務としています。「安くして売れるんだったらお前はいらんよ」と営業初期の頃に言われ、二倍の価格で値付けして家を売ってみました。工夫を繰り返し説明のコツを身につけ、値段以外で決めてもらえる営業スタイルを見つけると二倍の値段で売れてしまいました。クレーム・キャンセルが無くなり、楽しい家づくりが出来るようになる営業スタイルを紹介します。